ぎっくり腰について

ぎっくり腰の症状

朝起きたら突然ベットから起き上がれなかったり、重たいものを持ち上げようと腰に力を入れた際に「ズキッ」という感覚と同時に激痛がはしります。ぎっくり腰を起こした際は、痛みのせいで腰に力が入らないため立ち上がって歩く事さえ困難になります。ヘルニアとの大きな違いはしびれや感覚異常等神経症状を伴わないのが特徴であらゆる年代でおこります。特に朝方が辛く夕方になるにつれ痛みが軽減するのも特徴です。

朝起きたら突然ベットから起き上がれなかったり、重たいものを持ち上げようと腰に力を入れた際に「ズキッ」という感覚と同時に激痛がはしります。ぎっくり腰を起こした際は、痛みのせいで腰に力が入らないため立ち上がって歩く事さえ困難になります。

ヘルニアとの大きな違いはしびれや感覚異常等神経症状を伴わないのが特徴であらゆる年代でおこります。特に朝方が辛く夕方になるにつれ痛みが軽減するのも特徴です。

ぎっくり腰の原因

重たいものを持ち上げるのに前かがみになったり、ベットや椅子から立ち上がる際など、急に腰や背中の筋膜(筋肉を覆う薄い膜)が伸長された際に筋膜と筋肉との間で炎症が起こり痛みが発生します。これは腰の筋肉の緊張だけが原因ではなく、腰を含む背中までの筋肉の緊張や、骨盤の歪みが原因で筋膜に過伸長が起きてしまいぎっくり腰が発生します。

重たいものを持ち上げるのに前かがみになったり、ベットや椅子から立ち上がる際など、急に腰や背中の筋膜(筋肉を覆う薄い膜)が伸長された際に筋膜と筋肉との間で炎症が起こり痛みが発生します。

これは腰の筋肉の緊張だけが原因ではなく、腰を含む背中までの筋肉の緊張や、骨盤の歪みが原因で筋膜に過伸長が起きてしまいぎっくり腰が発生します。

当院での治療法

筋膜の過伸長を改善するために腰ではなく背中や股関節の筋肉の緊張をとって上げることで驚くほど痛みが改善します。ぎっくり腰は、ヘルニアや脊柱管狭窄症との鑑別も必要になってきますので、ぎっくり腰の治療経験豊富な当院にお任せください。

筋膜の過伸長を改善するために腰ではなく背中や股関節の筋肉の緊張をとって上げることで驚くほど痛みが改善します。

ぎっくり腰は、ヘルニアや脊柱管狭窄症との鑑別も必要になってきますので、ぎっくり腰の治療経験豊富な当院にお任せください。

ぎっくり腰でお悩みなら当院にお任せ下さい

ぎっくり腰の特徴としては、想像もしなかった激痛が突然発症し、起き上がることや歩くとができなくなります。当院では、痛みの根本からアプローチし、改善に導きます。ぎっくり腰でお悩みならリセット整骨院にお任せ下さい。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ぎっくり腰の特徴としては、想像もしなかった激痛が突然発症し、起き上がることや歩くとができなくなります。

当院では、痛みの根本からアプローチし、改善に導きます。ぎっくり腰でお悩みならリセット整骨院にお任せ下さい。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。