症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群の痛み

胸郭出口症候群とは、第一肋骨、鎖骨、斜角筋によって形成される胸郭出口やその近傍で神経や血管が障害をうけ、首、上肢、背部の痛みやしびれ、だるさを有する症状を胸郭出口症候群と呼びます。

胸郭出口症候群は「斜角筋症候群」「肋鎖症候群」「過外転症候群」「頚肋症候群」を包括する概念で提唱されています。しかし胸郭出口症候群は、診断基準があいまいで精密検査でも異常が見られない場合が多く見落とされることが多いため、しっかりとした問診や徒手検査が重要になってきます。

胸郭出口症候群の原因

原因は、姿勢の悪さによる筋肉の異常緊張や骨の変形、自律神経障害、労作状況などによって神経や血管が圧迫・牽引され症状が出現します。牽引型は20~30代の「なで肩」の女性に多く、また圧迫型では筋肉質で「いかり肩」の男性に多いです。

主な症状は頚肩部や背中のコリやダルさ、手・腕のシビレ、腕を長時間上げてられない(ルーズ3分間挙上テスト)など。また血管の圧迫をうけた場合には、手先が異常に冷える事もあります。頸椎椎間板ヘルニアや手根管症候群、頚肩腕症候群との鑑別に注意が必要になります。そのままにしておいても良くなりませんので一度ご相談下さい。

胸郭出口症候群は当院へお任せください




当院はお客様一人ひとりに合わせた的確な施術方法で、あなたのお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。胸郭出口症候群の痛みにお悩みの方は、当院にお任せ下さい。みなさまのご来院を、心よりお待ちしております。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。