症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

腱鞘炎について

パソコン作業やラケットを握るスポーツに多く、握る動作の繰り返しにより指を動かす腱や腱鞘に炎症が起こり発症します。

どこにでも起こりうる腱鞘炎


腱鞘炎は腱鞘が存在する部位のどこにでも起こりえますが、手のひらの指の付け根で起こるものは「ばね指」、親指の手の甲側で起こるものを「ドケルバン病」、手首の内側で起こるものを「手根管症候群」といいます。症状は、主に痛みと腫れで発症した際はまずは安静が第一です。

腱鞘炎は当院にお任せください




治療法は、まずは腱を引っ張る筋肉の緊張を緩和させるためにストレッチやトリガーポイントマッサージを行います。その後、テーピングや固定を行い治療していきます。

「そのうち治るだろう」と放置していると、症状が慢性化し手術する場合もございます。
気になる方は早めにご相談ください。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。