症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

背骨の後部を走る脊柱管が加齢変性により狭くなってしまう病態で、そこを通る神経を圧迫されることで坐骨神経痛が生じます。
50歳以上の中高年者に多く、普段から姿勢の良い方に多い疾患です。

主な症状は、「歩き始めると腰臀部に痛みが出現し、少し休むと治まる」といった間欠性跛行がみられ、腰を伸ばすと痛みが増し丸めると軽減します。

また下肢のシビレがみられることもあり、朝より夕方に、天候の悪化で症状が増します。
やっかいな痛みですが、的確なストレッチや施術を行えば効果は出てきます。諦めずに一度ご相談下さい。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。