症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

シンスプリント

シンスプリント

シンスプリントとは走ったりすることにより繰り返される慢性的な刺激が、足のすねの部分に加えられて生じるもので、脛骨過労性骨膜炎ともいわれています。

一般に陸上競技の選手やランニング・ジャンプをよくするバスケットボールやバレーボール選手にみられるスポーツ障害であります。

すね(脛骨)の内くるぶしから10cmぐらい上の場所に痛みがあり、指で押すと飛び上がるほど痛いこともあります。
始めはランニング時のみに痛みを感じますが、進行すると練習後でも痛みがあり、歩くのも痛くなってきたりするのが特徴です。

原因としては

  • 急激に練習量が増えた(走りすぎ)
  • スピードトレーニングを行った
  • ふくらはぎのストレッチングや下腿の筋力トレーニングを十分行わなかった
  • ランニング時の足の動きに異常があって下腿内側の筋肉に負担がかかりすぎた(偏平足であることも原因である)
  • ランニングシューズの衝撃吸収性が悪い
  • 舗装路など硬い路面でのランニングが増した

などいろいろ考えられます。

治療としては、電気治療や温熱療法、手技療法によりほとんどが治りますが、症状が軽いうちに練習量を少なくするか、完全休養とし、どこに原因があるのか検討して、その原因を取り除くことが大切であります。
ずるずると原因を考えることなく練習を続けると慢性化し非常に治りにくくなります。

また、踵や土踏まずに足底板を入れたり、自分で練習終了後などに氷によるアイスマッサージを行うことも効果があります。
アキレス腱の痛みと同様で治った後も、ふくらはぎのストレッチングや下腿の筋力トレーニングを十分おこなって再発予防に注意しましょう。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。