症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

足底筋膜炎について

足底筋膜炎の痛み

足底腱膜炎とも呼ばれ、ジャンプスポーツやランナーに多い障害で足裏の筋肉の過剰な緊張や微少な断裂の繰り返しにより発生する。これは走りっている際の蹴り出し時にウィンドラス機構(足趾伸展時に足底腱膜に強い牽引力がわること)により、かかとの裏の骨の付着部に損傷が生じたり、ひどくなると骨棘も生じます。

治療としては、足底筋やアキレス腱の柔軟性を確保したり、足趾の屈筋やふくらはぎの筋力をつけることが重要です。また扁平足やハイアーチの人に多いため、根本から治すためには足裏のバランスを調整したり、走り方も改善していきます。

足底筋膜炎は当院へお任せください



当院はお客様一人ひとりに合わせた的確な施術方法で、あなたのお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。足底筋膜炎の痛みにお悩みの方は、当院にお任せ下さい。みなさまのご来院を、心よりお待ちしております

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。