症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

鵞足炎

鷲足炎(がそくえん)

スポーツ活動は肉体や精神を鍛える方法として、近年広く生活に取り入れられていますが、間違った練習方法や過度の練習量などにより、様々な障害を起こす事も少なくありません。

その中の一つに膝の内側部に痛みを生じる鷲足炎と言う病気があります。

鷲足とは少し変わった名前ですが、膝関節を曲げる作用のある縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉の腱が付着している膝の内側の部分を言い、この部分は腱が扇状に広がり鷲鳥の足の形に似ている事から、この様に呼ばれています。
この鷲足炎は、鷲足そのものが膝関節の屈伸や捻りを繰り返すような動作で、摩擦を受け腱自身や腱周囲に炎症を起こしたもので、膝関節の屈伸時に疼痛を伴い、この部を圧迫すると痛みが増強し、陸上競技、サッカー、ランニング愛好家などに多く見られます。

治療としては、電気治療や手技療法、運動量を減らしてストレッチングをおこなったり、運動終了後アイスマッサージをするのが効果的ですが、痛みが長時間改善されず、治るまでに数ヶ月を要する事も稀ではありません。
又、この病気は膝関節や足関節の形状の異常が、炎症を引き起こすきっかけになっている場合もあり、他の病気をの鑑別が困難な場合もありますので、患者自身で勝手な判断などせず、指示を受け治療を行って下さい。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。