症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

有痛性外脛骨について

有痛性外脛骨の特徴

足の内側に存在する過剰骨で、ランナーや特に若い女性に多く15~20%の人に認められます。症状は足の内側部に腫れたような副骨がみられ、圧痛があります。原因は、後脛骨筋付着部への過度のストレスで成長期に発症します。

治療としては、まず運動量を減らし後脛骨筋への張力ストレスを減らすために筋肉を緩め足底のバランスを整えていきます。また舟状骨を持ち上げるようにテーピングすることも効果的です。

有痛性外脛骨は当院へお任せください



当院は患者様一人ひとりに合わせた的確な施術方法で、あなたのお悩みを根本から解決するお手伝いをさせていただきます。有痛性外脛骨の痛みにお悩みの方は、当院にお任せ下さい。みなさまのご来院を、スタッフ一同心よりお待ちしております

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。