症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

オスグッド病

オスグッド病(少年の膝の痛みの原因)

オスグッドシュラッター病ともいわれ、バスケットボールや、サッカー、野球など活発に運動している10才頃の少年に多く見られる疾患です。

特に筋肉の柔軟性が低下している場合に多く、痛い所は、膝(ひざ)の膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が付いている脛骨結節という所です(膝のお皿の下の飛び出した所)。

脛骨結節には、膝蓋靭帯という靭帯が付いており、膝蓋靭帯は膝蓋骨(膝のお皿)につながり大腿四頭筋につながっています。
大腿四頭筋は非常に力の強い筋肉でこの筋肉が収縮することによって、膝蓋靭帯が脛骨結節を引き上げ、膝が伸びます。

10才代の少年では、まだ脛骨結節の骨に軟骨が残っており、この軟骨が柔らかいため剥がれてしまいます。
軟骨がはがれることにより強い痛みが出現し腫れてきます。

また、痛みのため走れなくなります。

治療は、まずしばらくは運動を休み、痛みを和らげ炎症をとる薬や湿布を用います。

また、リハビリでふとももをストレッチしたり、電気治療を行うことも痛みを和らげ、早く治すよい方法です。
オスグッドシュラッター病は、身長が伸びなくなり成長軟骨が消えてしまう18才頃には、自然に痛みはなくなります。

 

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。