症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

帯状疱疹後神経痛について

帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹が治ったにもかかわらず、神経に痛みが残っている病気のことです。再活性した水ぼうそうウイルスの制御機構がうまくいかずに神経繊維が傷つけられたことによって発症する可能性が高いです。

帯状疱疹は子供の頃にかかった水ぼうそうウイルスが神経のなかで年齢を経たのちにストレスや疲労、抵抗力の低下などの原因により症状が現れる病気を指します。

帯状疱疹後神経痛の症状

症状は帯状疱疹があった場所やその付近でチクチク・ピリピリするような痛みを感じたり、触られた感覚がよくわからなくなってしまうなどが大半となります。

傷ついた神経領域によりめまいや耳鳴り、顔の表情を作る表情筋が麻痺することや、表情に違和感を覚えることも少なくありません。中には痛みが激しく夜も眠れないほどの苦しみが長期間続くこともあります。

帯状疱疹後神経痛でお悩みの方は当院にお任せください

鍼灸は帯状疱疹の初期症状はもちろん、後遺症である神経痛の緩和にも有効です。痛みを出している根本の神経に鍼灸治療をおこなうことにより、痛みの軽減が期待できます。

お薬に頼らず痛みを軽減したい方はぜひご相談ください。

お近くの店舗を探す

こちらの症状に対応した店舗はこちらです。お住まいの地域からお近くの店舗をお選びください。

  • ひょうたんやま北院

    所在地大阪府東大阪市
    昭和町1-7

    電話番号072-984-2488

  • わかえいわた院

    所在地大阪府東大阪市
    岩田町5-10-18

    電話番号072-966-7822

ページトップに戻る