症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

半月板損傷について

半月板は膝関節に存在する軟骨で、膝の安定性に関与しています。スポーツによる膝の外傷で最も頻度の高いものの一つで、10歳代後半から20歳代前半に多く、急性期には激痛と運動制限を生じます。

慢性期では、通常安静時はそんなに痛みは出ませんが運動時や階段の昇降時や長時間のウォーキング時に痛みを生じます。その他にクリック音やひっかかり感、膝崩れがしばしみられます。

半月板損傷の原因

内側に起こることが多く、スポーツ中に膝の外反・屈曲、大腿骨の内旋が強制された際に前十字靭帯や内側側副靭帯と併発して損傷することが多いです。

当院での治療法


内外側半月板とも外側には血行が存在し、この部分の損傷は保存療法で十分改善が見込めます。
当院では、まず関節部の炎症を除去し、大腿四頭筋の筋力強化を含めたトレーニングの指導を行っていきます。

半月板損傷でお悩みなら当院にお任せ下さい

半月板損傷は、サッカーやバスケットボールをする方が特に発症しやすく、突然の激痛が生じます。ひどい場合には急に膝が曲げも伸ばしもできなくなることがあるため、早期の治療が大切になります。

半月板損傷でお悩みなら当院にお任せ下さい。当院では、持てる力を最大限に発揮しベストな施術を提供していきます。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。