症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

帯状疱疹について

帯状疱疹とは身体の左右どちらか一方に対して、赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状に現れピリピリとした痛みがある状態を指します。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の原因は、子供の頃に感染した水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが、日常生活で蓄積した疲労やストレスの影響によって免疫力が低下したときに再度活動を始めることで発生します。このウイルスに子供の頃に初めて感染すると、2~3週間の潜伏期間の後に水ぶくれが全身に広がる水ぼうそうを発症し、約1週間ほどで収まります。

しかし原因となるウイルス自体は脊髄近くの神経節と呼ばれる場所に潜伏し続け、消えることはありません。そして疲労やストレスが影響して身体の免疫力が落ちてしまうと、再びウイルスが活性化し神経を通って皮膚まで到達することで症状があらわれます。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状は、胸や腹部、背中や顔、頭部に対して左右どちらかにチクチク・ピリピリといった刺すような痛みが起こり、その後赤みのあるブツブツとした発疹と強い痛みを伴う中央がくぼんだ小さな水ぶくれが帯状に出現します。

同時に発熱やリンパ節の腫れ、頭痛といった全身症状がみられることもあり、約3週間ほどで水ぶくれの症状は収まりますが、皮膚に痕が残ってしまうケースも多いです。重症化すると様々な合併症を引き起こす危険があるため、できるだけ早く治療を受ける必要があります。

帯状疱疹でお悩みの方は当院にお任せください

痛みが出ている根本の神経に鍼灸治療を行うことにより、痛みの軽減が期待できます。当院では問診や検査を十分に行い、専門性の高い技術で患者様にとってベストな施術を提供していきます。お気軽にご相談ください。

お近くの店舗を探す

こちらの症状に対応した店舗はこちらです。お住まいの地域からお近くの店舗をお選びください。

  • ひょうたんやま北院

    所在地大阪府東大阪市
    昭和町1-7

    電話番号072-984-2488

  • わかえいわた院

    所在地大阪府東大阪市
    岩田町5-10-18

    電話番号072-966-7822

ページトップに戻る