症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

外反母趾

外反母趾

外反母趾とは女性に多い病気で足の親指が変形して関節の所が腫れて痛くなる病気です。

この足の親指の変形の原因は長年にわたって靴をはく生活を続けることによっておこります。特にヒールの高い、先が尖った幅の狭い靴をはくとによって変形が強くなり痛みも起こります。

親指の変形した腫れた所には靴ずれがおこって皮膚の下に『滑液包炎』という痛みを伴う袋が出現します。

治療はこれ以上の変形と痛みを予防するために幅の広いヒールの低いやわらかい靴をはくことが大切です。

痛みを和らげる薬とか痛み・炎症止めの軟骨や湿布を用いたり電気治療を行うことも良いことです。当院では、足底マッサージやストレッチ、変形防止のためのテーピングを行っております。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。