症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

五十肩について

五十肩の痛み

肩関節の疼痛と可動域制限を2大症状とする肩関節周囲炎の中で、中年以降とくに50歳代に好発する疾患を五十肩と呼びます。主な症状は肩から上腕・肘への放散痛や運動時のみならず安静時、特に夜間就寝時痛が特徴的です。

可動域制限は病初期では、癒着などが生じてない時期でありこの時期に治療を行えば速やかに改善します。しかし、関節包に癒着が生じてくると凍結肩と呼ばれ、頭をさわる動作(結髪動作)や背中に手を回す動作(結帯動作)が出来なくなります。
 

当院の治療

当院では、夜間痛がある場合はその痛みを取るためにトリガーポイント療法や鍼灸施術で関節内の内圧を下げるように除圧して痛みをとっていきます。またハイボルテージ治療も痛みをとるには有効です。

ある程度痛みがなくなってきたら、今度は関節の癒着を剥がしていくためにストレッチや運動などリハビリを行っていきます。疼痛を伴う無理な可動域改善は病態を進行させる危険性があります。

「放っていればそのうち治る」「痛くても動かさないと固まってしまう」というのも間違いです。もし肩に痛みや違和感を感じたらすぐに治療することをお勧めします。

五十肩は当院へお任せください



当院はお客様一人ひとりに合わせた的確な施術方法で、あなたのお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。五十肩の痛みにお悩みの方は、当院にお任せ下さい。みなさまのご来院を、心よりお待ちしております

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。