症状について

ABOUT CONDITION
よくある症状

機能性ディスペプシア(FD)について

症状には食後の胃のもたれ、不快感、早期飽満感(すぐにお腹がいっぱいと感じて十分な量が食べれない)や、食事の有無にかかわらず心窩部(みぞおち)の痛みや焼けるような感じなどの症状が慢性的にあるにもかかわらず、血液検査や内視鏡では特に異常が特定できない疾患です。「機能性胃腸症」とも呼ばれています。

不調の原因

原因にはストレスや睡眠不足、過労、自律神経の乱れから、胃の運動不全や知覚過敏により症状が出現します。また、過食や刺激物の摂取で増悪したりします。

当院の治療方法

心窩部痛や灼熱感がある場合は、胃酸の分泌を抑えるように、食後の胃もたれや早期飽満感では胃の動きを促すように鍼灸治療で自律神経を整え、症状に合わせた治療を行います。

また、油の多い食事を控えたり、アルコール、香辛料、炭酸飲料、コーヒーなどは、胃酸の分泌を刺激し症状を悪化させることがあります。食事はゆっくりとよく噛んで食べることが大事で、腹八分目を心掛けましょう。

機能性ディスペプシア(FD)でお悩みなら当院へお任せください

機能性ディスペプシア(FD)でお悩みならリセット整骨院にお任せください。
当院では、治療の他に「腸活」で腸内環境を整えたり、適切な運動を指導することで早期改善に取り組んでおります。気になる場合は、一度ご相談ください。お待ちしております!

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近い店舗はこちらをご覧ください。院ごとに強みや特徴などを掲載しておりますので、貴方にあった店舗をお探しください。